品川区

大人の品川の楽しみ方

品川区をぶらぶら散歩をしようと思った時に、一番楽しくてのんびりできて、爽やかで、ストレスを発散できる所と言ったら、
やっぱり定番かも知れませんが「天王洲アイル」近辺の運河沿いでしょうか。
駅はモノレールに乗って「天王洲アイル駅」まで行くと言うのも気晴らしになっていいですが、
他の路線を使っている人なら、りんかい線の「天王洲アイル」でもいいかと思います。

 

りんかい線の「天王洲アイル」なら、すぐ近くに広い「天王洲公園」に行けるので、便利かも知れません。
「天王洲アイル」に行くと言っても目的は散歩で、食事やショッピングが目的ではないので、
そのような事に興味のある人にはちょっとつまらないのかも知れませんが、高層ビルを眺めながら、
運河の流れを見ながらと言う事が楽しめるようになったら、本当の大人って感じです。

 

運河沿いは綺麗に整備された公園が続きます。
どこを歩いていても道幅は広く、ベンチやテーブルが置かれていています。
ちょっとスイーツなんて食べながら、眩しい日差しを浴び、運河の流れから飛び出す魚に驚いたりしていると、あっと言う間に時間が過ぎます。

 

海からの潮の香りを胸いっぱいに吸い込み、のんびり歩いていると東京の街を歩いている事を忘れてしまいそうです。
是非、こんな品川散歩を楽しんでみてください。

品川ドライブには欠かせないスポット

品川をドライブするには欠かせないスポットのひとつが品川埠頭です。 なぜ、埠頭なんかがドライブコースなの?と不思議に思われる方も多いかと思います。 でも騙されたと思って一度、夜に品川埠頭へ行ってみてください!きっとすぐにわかります。 とは言っても何があるのか分からないのでは、なかなかお出かけできないと思いますのでここでこっそり教えちゃいます。 品川埠頭は、品川と大田区にまたがる埋め立て地の広がる八潮(埼玉の八潮ではありません。)から、 車で少し行ったところにあるコンテナ専用の埠頭です。 実は、ここちょうどお台場海浜公園の斜めむかいのため、レインボーブリッジーの全貌がかなりきれいに見えます。 どちらかというと、お台場から見るよりも全体がきちんと見えるので、個人的には品川埠頭から眺める方が美しいかと思います。 ただ埠頭なので、昼間はやはり大きなトラックが出入りしたりと作業員の方が多くいたりするので ゆっくり眺めるには、少し遅めの時間がおすすめです。 車で行かれるなら、品川埠頭でレインボーブリッジを見たあとに、お台場へ行って景色を見比べるのもいいかもしれません。