大田区

蒲田駅の周辺

私は大田区在住ではありませんが、あの辺りは素朴で楽しめる場所が沢山あるのでよく足を延ばします。

 

時間がある時に、ひとりで散策するなら蒲田の商店街が非常におすすめです!

 

京急線の蒲田駅でおりるとすぐそこから商店街が始まっているのですが、最近できた新しい商店街ではなくて、

 

どこか昭和の雰囲気の残る、懐かしい感じの商店街です。

 

定食屋さんやレストランなども充実していて、隠れた名店も沢山ありますので、一人で散策しながら色々なお店に入ってみるのも面白いです。

 

蒲田は商店街を出ると少し現代風のお店もたくさんあるので、一度で二度楽しめるような感覚がとても面白いと思います。

 

蒲田駅には、東急プラザとグランデュオという駅ビルがあります。

 

あまり記憶にない方も多いかもしれませんが、昔蒲田駅には丸井もありました。

 

今は、もちろんありませんが、そしてまた蒲田が姿を替えようとしています。

 

というのも、東急プラザの屋上にはナムコが運営していた東急プラザランドというものがありました。

 

小さな観覧車といくつかの乗り物がある、小さな遊園地です。

 

これが、東急プラザのリニューアルに伴い閉園することとなりました。

 

東急プラザ内もリニューアルし、2014年秋にはリニューアル予定だそうです。

 

大田区民にとっては、遊園地の閉鎖は名残惜しいものでもあります。

 

それと同時に、蒲田周辺で幼少期をすごし遊んだことのある方は、やはりあれが気になると思います。

 

東急プラザ内にある、ホットケーキ屋さんシビタス(CIVITAS)はどうなるのか?ということです。

 

はっきりとした情報ではないのですが、おそらくシビタスもリニューアルそうです。

 

また、蒲田からさほど離れていないのでこちらもよく遊びに行きますが、羽田空港のひとつ前の駅、穴守稲荷で下車し、数分歩くと

 

駅の名前にもなっている穴守稲荷神社があります。

 

さほど大きな神社、といった風ではなく、人も疎らな事が多いのですが、駅名になるほど古くから地域の人々に愛されてきた神社ですので

 

とても落ち着いた雰囲気のある、心休まる神社です。

 

羽田空港にほど近い場所ですので、そこから羽田空港まで行っても色々なお店を見ることが出来ますし、京急線を乗り継いでこの地域を小旅行するのは大変おすすめです。

都心のオアシス「大森ふるさとの浜辺公園」

「大森海岸駅」という名前があるぐらいだから、近くに砂浜とかそういったものがあるのかな?と思いがちですが、 実は最近まで砂浜は大森に存在していなかったのです。 しかし、2007年に人工砂浜が完成しました。「大森ふるさとの浜辺公園」です。砂浜なので泳げるかな?と思いきや、遊泳禁止。 水質の関係上海水浴はできませんが、水辺でパシャパシャ遊ぶのはOKです。 親子連れ、特に小さいお子さんがいらっしゃる家族がたくさんこの公園に訪れ、 水辺で波と戯れています。海ならではの空の広さを感じられます。 海を挟んですぐ砂浜の向こう側には工場地帯が見えますが、そのギャップもまたよし。 小さな売店があり、アイスやジュースを飲みながらのんびり散歩してみましょう。 波が押し寄せる音や、子どもたちの声、海から吹く爽やかな風を感じるのが気持ち良いのです。 砂浜だけではなく、ちょっとした遊具もあります。 長いスベリ台もありますし、テトラポットの上で釣りをしている親子もちらほら。 自転車置き場もありますので、ご近所の方は来場しやすい環境です。 最寄駅は京浜急行線平和島駅、歩いて15分程度です。散歩がてらあるいて都心のオアシス的な公園に足を向けてみてはいかがでしょうか? 他にも大森海岸でおすすめと言えば、こちらは大人の方におすすめなのですが駅から徒歩5分ほど イトーヨーカードー大森店の向かいにあるもつ鍋専門店「博多屋」がおすすめです。 蒲田にも店舗があるのですが、大森海岸は人気過ぎて裏に2号店まで展開しています。 大雪の日でも、二号店まで人がびっしりというほどの人気ぶりです。 持つ鍋がメインです。串焼きなんかも豊富にあり、モツ串は絶品です。クセになる味です。 お鍋には、追加で豆腐と山芋が入れられます。2人で行って2人前のお鍋に、両方プラスしてしまうとかなり満腹になってしまいます。 なので、オススメはもつ鍋を1人前に豆腐、山芋をプラス、そこへさらにモツをプラスするスタイルです。 これで、他にモツ串やおつまみを頼んでちょうどいい感じです! しめには、ちゃんぽん麺とおじやがありますが、おじやがおすすめです。絶品です。 子供をたくさん遊ばせた後には、大人だけで楽しむのもなかなかいいものです。